Life Proof Story ずっと、守ってあげる

 
 

主演:安田早紀

Story Start

耐衝撃

道端に落としても、サクサク動きます

前作よりも一回り大きくなったiPhone6は、ついに手のひらサイズの域を越えました。そうなると、懸念されるのはやはり「落下」でしょう。
地上2メートルからの落下テストに耐えた回数は、なんと26。もしも、あなたの身長が2メートルを越していなければ、LIFEPROOFをまとったスマートフォンを手に取り、腕を前に突き出して、どうぞ手を離してみてください。何事もなかったかのように、その端末はいつも通りの動作をすることでしょう。

耐破損

万が一の破損時には、360日保証を

そうは言っても、万が一ということがあります。LIFEPROOFをご利用中にお客様の端末に不具合が起こってしまった場合、各端末機(修理費用)を360日間保証します(※1)。
スマートフォンケースで、このような保証サービスを提供しているのはLIFEPROOFだけ(※2)。
それほど製品に自信がある、という私たちの想いの裏返しだと思っていただければ幸いです。

※1…ご購入後30日以内に所定の登録を済ませた方に限ります

※2…2014年12月現在(iPhone 6用ケースとして)

耐水

湯船で、メールを受信しました。

「水没」はスマートフォンユーザーの大敵。これにより機種変更を余儀なくされた方も少なくないはずです。
LIFEPROOFは、水深2メートルの浸水にだって耐えられる、防水性能基準8等級の最高レベル(IPX8)に認定。これひとつで、お風呂に入りながらの動画視聴だって、電子書籍の閲覧だって可能です。あるいは、お手洗いでスマートフォンを落とした!といったような経験がある方の、強い味方になってくれるかもしれません。

耐雪

ゲレンデだって、怖くありません

ゲレンデに行くと、ついついスマートフォンが気になって、思い切った滑りができないものです。しかも、グローブをはめた手では操作しづらく、落としてしまいがち。“耐雪”の機能も有するLIFEPROOFは、たとえゲレンデで転んでも、雪の中に落としても、あなたの“大切”なスマートフォンを守ってくれることでしょう。
また、繊細なジャック口もしっかりと塞がれた状態にすることで、ショートの危険を回避することにもつながっていくのです。

耐塵

微粒子レベルでさえ、侵入を許しません

真夏の海は気分を開放させ、仲間や恋人との思い出の瞬間を収めたくなる衝動を掻き立てます。そんな時は、ビーチに舞う無数の砂埃など気にせず、写真やムービーを存分に撮りたいものです。 さて、LIFEPROOFは、防塵性能基準6等級の最高レベル(IP6X)。塵の侵入を許しません。しかも、微粒子レベルで。自宅でホコリをまき散らしながら走り回る幼児がいたとしても、LIFEPROOFにとっては痛くもかゆくもないのです。

耐紛失

おかえりなさい、失くしてごめんね。

LIFEPROOFご購入後、まず行っていただきたいのが『OKAERIサービス』への登録。これで、万一の時も安心です。
もしも紛失をしたら、まずは紛失申請をしてください。ロック画面に、その端末が紛失されたことを告げる文言と、コールセンターの番号が表示されます()。拾い主がその番号にかけると、配達業者がピックアップし、あなたのもとへ届けてくれる仕組みになっています。
ここまで、あなたを守ってくれるケースが、他にありますか?

…WEBまたはアプリで登録が必要です